オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
橋のかかる霧

 ミストシステムの代表的な効果は、外気の冷却にあります。
この装置は打ち水を進化させたような物で、気化熱を利用して冷却を行ないます。
気化熱とは、水が蒸発する際に周りの熱を奪うという現象です。
素早く外気の温度を下げる事が可能です。
また、この気化熱現象は人の肌の上でも起こります。
人がミストを浴びると体が冷却されて、体温が下がります。
そのため熱中症対策としても効果的です。
 そして、実際の冷却効果以外にも、視覚への効果も期待出来ます。
霧のカーテンは見た目に涼しく、リラックスした雰囲気を作り出す事が出来るからです。

高層ビルと滝

 ミストシステムとは、水道水等の水を使って人工的に霧を作り出す装置です。
地球温暖化の防止策として効果が高いとされていて、公共施設で導入する所が増えてきています。
また、装置の改良等により装置の小型化や簡易化が進み、一般家庭にも導入しやすくなってきています。
 エアコン等に比べて地球に優しく、昔の打ち水のような自然な涼しさを得る事が出来る方法として注目を集めています。
そのため、取り扱う業者も年を追うごとに増えてきています。

仕組みについて
 この装置は専用のポンプと蛇口を繋ぐだけなので、設置が非常に簡単だというメリットがあります。
より細かい霧を作りたい場合には、蛇口とポンプの間に加圧のための機械を取り付けます。
 加圧の機械を取り付けないタイプは、設置や操作が簡単である事がメリットです。
ただし、出てくる水の粒子が比較的大きいので、霧が当る部分が濡れやすいというデメリットがあります。
 加圧の機械を取り付けるタイプは、水の粒子が小さいので濡れにくいというメリットがあります。
デメリットとしては、電気を使うという点が挙げられます。

山と霧

古来日本では冷却する方法に大地に水を巻いて、その水が干上がる力を利用して涼を得ていたのです。
それを利用して注目されているのがミストを使った冷却システムで、このシステムはまず水をモーターに通して微細の粒子に変えて放出して散布します。
この微細の粒子にすることで肌に触れても濡れた感じはないが、この肌に触れた水が干上がることで気化熱を発生させて涼を得ることができます。
実際にこのシステムを利用すると実際の温度が下がることが実証されているため、現在では公共の施設において活用されています。